FXと仮想通貨の情報共有サイト

menu

【初心者向け】投資の基礎知識サイト

トレードの心得

トレードはルールを守ることが大切です。

■FXで勝つためには早い損切りが大切

FXで利益を出すために大切なのが、「早い損切り」と「利益確定を急がない」ことです。どちらも特に初心者に重要な事です。損切りしなかったことで最終的に利益になることはありますが、損失が拡大する可能性と、その間に資金を寝かせてしまうリスクを考えると、「損切りは早く」が鉄則です。

■FXで利益を出すためには利益確定を急がない方が良い

FX初心者が注意しなければならないのが、損切りの遅れと早い利益確定です。

人間の心理として「損失を確定したくない」「利益を早く確保したい」とい気持ちが生まれます。含み損や含み益が確定するまで、損失や利益ではありません。

含み損が100万円あっても、ここから盛り返して含み益にすれば損失にはなりません。同じように、含み益も確定するまでは利益ではありませんので、利益があるうちに確定したいと考えるのが普通です。ただ、損切りの遅れは時に致命傷になり、早い利益確定は大きな儲けを逃すことになります。

■成行注文や指値注文の変更・取り消しは要注意

成行注文は基本的に注文時のレートで約定しますので、その場でポジションを持つことができます。チャートを見ながらタイミングを見て成行注文するのは良いのですが、実際にはなんとなく勘で注文している人が多いはずです。

指値注文の変更や取り消しが多い人も、適当に感覚で注文を出し、後になって気が変わり価格を変更したり取り消すケースが多いでしょう。
根拠がなくテキトーにエントリーしているとギャンブルをしているのと同じ。
■エントリーする時に決済ポイントを決める

その時の相場の動きを見て、とっさに成行でエントリーすることもありますが、FX初心者はエントリーするポイントを考え、エントリーする時に利益確定と損切りラインを決めておくのが良いでしょう。

指値で入って、ポジションを持ってからOCOで決済注文を出しても良いですが、IFO注文を利用すると、新規注文と同時に決済注文の指値と逆指値が出せます。

損切りとなる逆指値注文をコロコロ変えるのは負け組投資家の特徴です。エントリーした時に損切りポイントを決め、それは必ず守らなければなりません。「損切りラインは絶対に守る」これがFXで勝つための秘訣です。

■リスク管理の為にポジションは小さく持つ

FXで勝ち続けている人は、リスク管理がしっかり出来ています。勝ち続けるためには、大きく勝つことも大切ですが、大きく負けないことの方が重要になってきます。

どれだけ利益を出していてもリスク管理ができていないと、いずれどこかで破産することになります。

■始めはポジションを小さく持つ

FXは少額資金で大きな投資ができるのが魅力ですが、10万円を1ヶ月で100万円にするような夢は見ない方が良いでしょう。FXで毎年100%(2倍)のパフォーマンスを上げられれば優秀なトレーダーです。10万円の資金で始めるなら、1年後に20万円になっていれば十分です。

これを100万円や1,000万円といったような、非現実的な目標や夢を見るから失敗するのです。

ギリギリの状態で投資すると弱気になりますし、精神的に良くありません。仕事をしている時でも、外食している時でも、遊んでいる時でも、家にいる時でも、常に為替相場のことが気になるでしょう。

FXは24時間取引できるので、昼間働くサラリーマンにも向いている投資ですが、それが逆にデメリットになることもあります。精神的に追い詰められたら、破産することは目に見えています。そうならないためにも、余剰資金を使い余裕を持った投資をすることが大切です。FXは一発逆転を狙って短期間で儲けを狙うものではありません。

■負けが続いた時は投資資金を減らす

勝っている時は気持ちに余裕ができますが、負けている時は負けを取り返そうとして、トレードが荒くなります。負けている時にどれだけ冷静になれるかで、その後の勝ち負けが決まってきます。

負けが続いている時は、資金を減らしてトレードするのが良いでしょう。資金を減らすと、負けを取り返すのが難しくなりますが、それよりも調子が良くなるまで、負けを増やさないことの方が大切です

■自分なりのFX取引ルールを作りルールを守る

FXで利益を出すためにはルール作りが大切です。どんなルールでも構いませんが、利益を出すために必要な自分なりのルールを作り、それを守らなければなりません。

ルールを作っても守らなければ意味がありません。ルールを守れないとしたら、自分の心が弱いか、そのルールが勝てないルールだということです。

初心者の人は、どんなルールを作ればいいの?と思うかもしれませんが、経験を積んで、自分の勝ちパターンや負けパターンがわかってくると、徐々にマイルールが出来上がっていきます。
■FXで重要なのはルール作りとメンタルコントロール

FX初心者が勝つのが難しいのは、知識不足や経験不足が影響していますが、
それよりも重要なのが「メンタル」と「資金量」です。知識や経験が無いと投資で勝つのは難しいですが、知識や経験があってもメンタルコントロールができない人は勝てません。

資金量についてはお金持ちでないとどうしようもありませんが、メンタルは鍛えられます。メンタルの強い人は、初心者でも利益を上げる人が多いです。
それくらい投資は精神状態が重要になってきます。

■両建てはFX初心者には難しい取引手法

FXにおける両建てとは、同じ通貨ペアのロング(買い)とショート(売り)の両方を持つ状態のことです。

たとえば、ドル円が110円の時にショートして、90円になった時に、決済するのではなく新規でロングします。そうすることで、買いポジと売りポジがあるため、上がっても下がっても同じ幅の為替差損益が発生することになり、利益が減ることはありません。

両建てしたポジションは、同時に決済しても良いですが、タイミングを見て下がった時にショートを決済し、上がった時にロングを決済することで利益が増えます。

両建ては、一見すると損切りを必要としない凄い手法のように感じるかもしれませんが、実際にやってみるとそれぞれの建玉を決済するポイントが難しく、利益が減ったり損失が拡大することもあり、FX初心者向けの手法とは言えません。

■余剰資金で始める

お金は全て大切ですが、そのお金を失ってしまうと、今後の生活に支障をきたすような、とても大切なお金は使ってはいけません。

余剰資金とは、余っているお金のことです。余っているお金など無いという人も多いですが、生活費とは別に貯金してあるような資産のことです。最悪そのお金が無くなっても生活には困らない状態です。

■投資資金が2倍になったら半分引き出す

資金が3倍になってから3分の1を引き出しても良いですが、いずれにしても始めに投入した資金以上の利益を得た時は、投入資金分を引き出しておくとその後の取引が楽になります。

相場は1年後も10年後も続いていますので、いますぐに稼ぐ必要はありません。知識がつくと、その知識が邪魔をして勝てなくなることもあります。初心者のうちはマグレで勝てる事も多いので、利益が出た時は、早めに引き出しておきましょう。

■FXに必要な資金

「FXはいくらか始められるの?」という質問は良く頂きますが、今はSBI FXのように1通貨単位から取引できるFX会社もありますので、1000円あれば取引できます。

ただ、FXは資金が多い方が勝ちやすいことは間違いありません。FXに限らず投資は、資金が多い方が圧倒的に有利です。

10万円あればドル円や豪ドル円を1枚持っても資金的に多少余裕があります。

■デモトレード

リアルトレードとバーチャルトレードは精神状態が全然違いますので、そこで勝っても負けてもあまり役に立ちません。身銭を切っていないと本気で勉強する気もおきませんので、時間を無駄にするだけです。

リアルトレードとバーチャルトレードを平行してやるのは構いませんが、練習のためにバーチャルトレードするのであれば、少ない資金でもリアルトレードした方が知識も経験も付きます

■利率が良いとされる投資信託の利回りが年105%

FXは簡単に資産が200%、300%になるわけではありません。

月10%でも年間120%の利益で、元本も合わせたら利回りは220%です。こんなに良い金融商品はありません。リスクが高い商品なので、それぐらいの利益が見込めないとやる意味が無いかもしれませんが、多くの人が損していることを忘れてはいけません。

■初心者は月10%の利益を目指す

投資資金が少ない人の場合、資金を10倍、20倍に増やしたくなりますが、
月に10%の利益が上げられれば十分です。5万円の資金で始めた場合、ドル円や豪ドル円を1枚(1万通貨)持てますが、それで月に5,000円利益が出れば十分です。

10万円の資金であれば1万円です。資金量が多くなるほど利益の額も増えますので、500万円で始めれば10%の利益でも月50万円の利益です。資金が少ない人は利益も少なくなりますが、それでも毎月勝ち続ければ複利効果で資金はどんどん増えていきます。

■資金が少ない時は1000通貨単位の取引で慣れる

勝率0%では勝てませんが、勝率はあまり気にしなくても大丈夫です。ただし、資金が少ないうちは、勝率が悪いと負けが続いた時に資金が底をついてしまいます。最低必要証拠金以下の資金ではポジションが持てなくなります。

勝てるトレード手法は資金額によっても変わってきますので、自分の資金に最適なトレード手法を見つけることが大切です。

5万円ぐらいしか用意できないのであれば、「1万通貨ではなく1000通貨単位」で取引できるFX会社を利用しましょう。1000通貨であれば1円動いでも1000円の利益や損失になりますので、すぐに資金が底を付くことはありません。

■FX初心者は勝つ事よりも負けない事の方が大切

初心者がFXで勝つことは簡単ではありません。一回や二回勝つことはできても、勝ち続けることは難しいでしょう。

ビギナーズラックで10万円が100万円になっても、その後90万円以上の損失を出しては意味がありません。運で勝ち続けていると、それが実力で勝っているように錯覚してしまいます。

■FX初心者が勝つために実施したいこと

1、自分の売買ルールを作る
2、作ったルールを守る
3、負けて熱くなっている時は休む
4、資金が少ない時は集中投資
5、注文前に注文内容を確認
6、ポジションを取る時はリミットとストップを入れる
7、損失は最小限に利益は最大限に
8、トレンドに乗った順張りで攻める
■FXや株で勝っている人と負けている人の大きな違い

FXでも株でも勝っている人と負けている人がいます。負けている人が大半で勝っている人は1割もいないと思いますが、勝ち続けている人にはいくつかの特徴があると考えています。

1、自分で良く調べ勉強している
2、投資ルールがありルールを守る
3、利益を伸ばし損失を限定する
4、調子が良い時は積極的に投資する
5、調子が悪い時は資金量を減らすか休む

■調子が悪い時に投資額を減らす

素人は、損失が出た時に、それを取り戻すために次のトレードで投資額を増やす事がありますが、それはいけません。

特に連続で損失が出ている時は、投資額を減らさなければいけない所です。
プロは、調子が悪いと感じると相場を休んだり投資額を減らしたりします。

しかし、素人は、取り返そうとする気持ちが強いため、今までと同額もしくは多い額を投資してしまい、損失を拡大させます。投資で勝つためには「冷静な精神状態」が欠かせません。

損失を取り戻そうとしている時点で冷静さを欠いています。気持ちはトレードに影響を与え、ルール通りに売買ができず撃沈しています。負けが続いている時は、自分のトレード手法に問題があるわけではなく、単に今の相場があっていないだけの可能性もあります。

常に勝ち続けられる手法はありません。5年後も10年後も相場はなくなりません。今日明日利益を上げなければ理由もないはずです。損失が続くと焦ってトレードしてしまいますが、「休むも相場」です。
■利益を上げることよりも相場から退場しない事が大切

投資に参加する以上、利益を上げたいのはわかりますが、重要な事は、「いくら稼ぐかよりも相場から退場させられないようにする」ことです。一時的に1億円稼いでも、その後全てを溶かしてしまっては意味がありません。

大きく稼ぐとどうしても気持ちも大きくなってしまいますので、無駄遣いが増えます。稼いだ時点で家などを買ってしまえば、全ての資金を失うことはありませんが、稼ぐことに対して快感を覚えるとなかなかやめられないものです。

関連記事

カテゴリー

カレンダー

2019年3月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031