FXと仮想通貨の情報共有サイト

menu

【初心者向け】投資の基礎知識サイト

テクニカル分析とは!?

過去のチャートや相場の動きを様々な手法で分析することです。

テクニカル指標は、大きく分けると「トレンド系」と「オシレーター系」に分類されます。

トレンド系とは、主に「相場がどちらの方向へ進んでいるか」を示す指標。相場が上昇傾向(上昇トレンド)にあるのか、下降傾向(下降トレンド)にあるのか、といったようなトレンド判断をするのに向いている指標です。

上昇トレンドが形成されていれば買い注文を中心に、下降トレンドが形成されていれば売り注文を中心に、という形でトレードを進めていけば有利に戦えます。

オシレーター系とは、主に「買われすぎ・売られすぎ」を示す指標。相場が不当に上がりすぎている・下がりすぎている、といった判断をするのに向いています。相場というものは、一定の範囲内で推移しやすいもの。

これを利用して、相場が大きく落ちた時はその反動を狙って買い、相場大きく上がった時はその反動を狙って売る、という方法で利益を得ようというのが、このオシレーター系テクニカル指標の活用法です。

買われすぎ(相場が上がりすぎ)のサインが出たら売り注文、売られすぎ(相場が下がりすぎ)のサインが出たら買い注文、という形でトレードを進めていけば有利に戦えます。

突発的な出来事が起こる余地があまりない短期売買のほうがテクニカル分析は向いています。

関連記事

カテゴリー

カレンダー

2019年3月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031