FXと仮想通貨の情報共有サイト

menu

【初心者向け】投資の基礎知識サイト

ダウ理論

ダウ理論

ダウ理論は現在使われているテクニカル分析の多くに活用されているものです。

1. トレンドには3つの種類がある

小テーマ : 3週間未満のサイクル
中テーマ : 3週間~3ヶ月のサイクル
大テーマ : 1年~数年のサイクル

この3つのトレンドは、互いに独立したものではなく、小テーマは中テーマの調整局面、中テーマは大テーマの調整局面であるという捉え方をします。

2. 主要トレンドは3段階からなる

先行期 : 相場が下落し、全ての悪材料は織り込み済みと判断した少数の投資家が、底値圏で買い向かう時期

追従期 : 相場の上昇を見て、追随者が買いを入れる時期

利食い期 : 株価上昇に伴い、先行期に買いを入れた投資家が売りに出て利益確定する時期

3. 平均は全ての事象を織り込む

「政府から発表される経済統計や、企業の業績など、需給に関するあらゆる事象は全て市場価格に織り込まれている。」

4. 平均は相互に確認されなければならない

「複数の平均的指標が存在する場合、その両者に同じシグナルが見られないなら明らかなトレンドとして捉えることは出来ない。」

5. トレンドは出来高でも判断しなければならない

「トレンド発生の確認手段として出来高の推移も重視する。」

例えば、上昇局面における値上がり時には出来高が増加し、値下がり時には出来高が減少するのが一般的です。

また、下降局面においてはその逆となります。多くの投資家は、主要トレンドに従って取引し、小トレンドや二次トレンドで利益を得ようとする投資家は少数であり、それが出来高の大きさに反映されます。

6. トレンドは明確な転換シグナルが発生するまでは継続する

「現在のトレンドは、明確にトレンドの転換点(シグナル)が現れるまで継続し続ける。」

上昇トレンドはいずれ下降トレンドに変わり、下降トレンドはいずれ上昇トレンドに変わりますが、トレンドが転換期を迎えるまでは、そのトレンドが継続しています。

トレンドに逆らった売買で利益を得るのは難しく、上昇トレンドの時にはロングで、下降トレンドの時にはショートで入るのが基本です。

関連記事

カテゴリー

カレンダー

2019年3月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031